WordPressの始め方を分かりやすく解説!こちらをクリック

アドセンスのアンカー広告(ページ単位の広告)をWordPressに追加する方法

新しいブログ立ち上げ
  • URLをコピーしました!

アドセンスのアンカー広告(ページ単位の広告)をWordPressに追加する方法

アドセンスのなかで「ページ単位の広告」というものがあるのはご存知ですか?

Googleによると「高い収益性が期待され、ユーザーにとって利便性が高い場合のみ表示される」らしいので、

試しにテストしてみることにしました。

あなたがWordPressを使っていれば、プラグインを使って簡単に設置できる(5分くらい?)ので

今回はその方法をご紹介させていただきますね。

目次

SEOに強くて、お洒落で、記事制作スピードも速いテーマ!
マクサンでも使っている超おすすめテーマ「SWELL」はこちら!

サンツォ
1976年生まれ。東京都出身。合同会社田舎暮らし代表取締役。複数の業界にて20年近くWebマーケティングの仕事に携わる。2013年より副業でブログを開始。 複数のブログ・SNSを運営した経験を活かし、ブログやアフィリエ イトのノウハウを発信する当ブログを開設。またブロガーのためのオンラインサロン「マクサン」の共同オーナーを務める。フォロワー10万人を抱えるInstagram「ベランダ飯」も運営。借金地獄のどん底からブログ一本で這いあがり、月収300~400万円を稼げるように。2020年2月には累計収益が1億円を突破。著書に『マクサン式Webライティング実践スキル大全』(大和書房)などがある。本名は吉岡 智将
マクリン
いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。

副業でガジェットサイト「マクリン」の運営を開始し、2019年12月に副業を株式会社makuriに法人化。2020年4月に合同会社レイテラスを設立し、コワーキングスペース「レイテラス」を開店。撮影スタジオ「レイテラススタジオ」もスタート。ブロガー向けオンラインサロン「マクサン」の共同オーナーをつとめる。

アドセンスの「ページ単位の広告」とは?

アンカー18

ページ単位の広告とは、Googleアドセンスが新しく導入したモバイル(スマートフォン)用の広告フォーマットのこと。

下記の2種類の広告をあなたのブログやWebサイトに表示させることができる機能です。

アンカー広告(オーバーレイ広告)
モバイル全面広告

モバイル全面広告」は端末の画面の一面に広告がドーン!!と表示される

まじでウザいやつなので今回は省略します。

今回設置するのは「アンカー広告(別名:オーバーレイ広告)」とよばれるやつです。

下記の画像のように、画面の一番下に表示されて、スクロールしてもずっと追いかけてくる広告ですね。

アンカー01

▲この赤枠で囲った部分に広告が表示されます。

このアドセンスの“新しい広告のテスト”を積極的に導入するメリットとしては、

これらの広告が本数制限のカウントに含まれないという点になります。

つまり通常このタイプの広告は“ページ内に3本までしか貼ることができない”というアドセンス上の規約がありますが、

今回のテスト広告は4本目として表示することが可能ということです。

アドセンス「アンカー広告」の設置手順

いちおうGoogleアドセンス管理画面上の説明も下記に貼っておきましょうね。

アンカー08

左がアンカー広告(オーバーレイ広告)で、右がモバイル全面広告です。

モバイル向け広告なので、もちろんスマートフォンにしか表示されません。

Googleが膨大なデータを元に設計し、収益(私たちのアドセンス広告収益)が増えるように最適化されているそうです。

以前「オーバーレイ広告を設置すると広告収益が20%~30%向上する」というレポートを

どこかで読んだ記憶がありますので、ちょっと期待ですね。

アンカー09

アンカー広告はユーザーが任意で非表示にできるようになっているようですね。

これは良い機能だと思います。

よく読めと、モバイル全面広告の方もページを表示させた瞬間に表示されるわけではなく

読み込みの間だけ表示される仕様みたいですね。

これならユーザーにもあまりストレスを与えないかも?

今度試してみようかしらん。

アンカー10

設置の手順としては、アドセンスの管理画面にて新しい広告フォーマットを有効化し、

広告コードを取得して自分のブログ・サイトに貼りつけます。

貼りつけるのはheadタグの中か、bodyの最上部です。

タグは各ページに貼りつける必要がありますが、

今回ご紹介する方法はWordPressのプラグインを使い全ページ一括で貼りつけますので簡単です。

アンカー11

最後に表示のテスト(プレビュー)を行って完了です。

WordPressプラグイン「Per page add to head」でヘッダーにタグを設置

では具体的な設置方法をご紹介します。

WordPressのヘッダー部分にプラグインを使ってタグ(広告コード)を設置しますので、

まずはプラグインを追加するところから始めます。

今回使用するのは「Per page add to head(Per page head)」というプラグインですので、

まずはWordPressから検索してください。

アンカー03

はい、これ ↑ が「Per page add to head」です。今すぐインストールしちゃって下さい。

あまりメジャーなプラグインではなさそうなので、バックアップを取ることを忘れずに。

アンカー04

インストールした後は、プラグインの部分に追加されているかどうかをチェック。

さらに「有効化」してください。

アンカー05

有効化すると「設定」の部分に「Per page add to head」が追加されると思います。

アンカー06

はい、こんな感じ ↑ の設定画面です。

ここにアドセンスの広告コードを貼りつけるのです。

アンカー07

アドセンスの管理画面にログインしてください。

ヘッダーメニュー内「最適化」のページに「新しいページ単位の広告~」に関する案内が表示されていると思いますので、

ボタンをぽちっとして進みましょう。

アンカー12

今回はアンカー広告のみを導入しますので、赤枠で囲った部分をクリックして「|(on)」の状態にしてください。

これで有効化されます。

アンカー13

そうすると上記のようなダイアログが表示され、広告コードを入手できます。

これをコピーします。

アンカー14

今度はWordPressの管理画面です。

さきほどコピーした広告コードを上記の赤枠部分にペーストして貼りつけます。

アンカー15

その他の設定部分はデフォルト(初期設定のまま)でOKです。

最後に「変更を保存」ボタンをぽちっと押します。これで設置は完了!

簡単ですね。5分もかからないかも。

しかしまだテストが残っているので引き続き頑張りましょう。

アンカー16

アドセンスの管理画面に戻り、「テストを実施」ボタンを押します。

アンカー17

テストをする理由としては、

自分がもっているスマートフォンに必ずしも今回設置した広告が表示されるとは限らないからですね。

テスト方法はとても簡単です。

プレビューしたいページのURL末尾に「#googleads」を付け加えるだけ。

あとはプレビューしたい広告フォーマットを選択してチェックしてみてください。

無事に表示されていればすべての作業が完了です!

当サイトの場合は下記のようにアンカー広告が表示されています。

ウザくてすいません。。

アンカー01

アンカー02

アドセンスのアンカー広告で収益は改善するか?

いかがでしたか?

思ったより簡単に設置できたでしょ?

しかし、広告を設置した目的は「アドセンスの広告収益を改善させること」ですから

、当然ながら収益が上がらないと意味がありませんよね。

今回わたしがこのアンカー広告を設置したのがゴールデンウィーク直前だったので、

アドセンスの収益推移に変化があったかどうかはまだ不明です。

(連休中は普段よりアクセスが減るため公平に比較できないので)

少しお時間をいただき、変化があるようであればまた報告させていただきますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次