WordPressの始め方を分かりやすく解説!こちらをクリック

ConoHa WINGとXserverを徹底比較!ブログをやるならどちらがおすすめ?

レンタルサーバーのConoHaWING(コノハウィング)とXserver(エックスサーバー)を徹底比較
  • URLをコピーしました!

WordPressでブログを開設するとき、Webサイトのデータ保管場所にあたるレンタルサーバーを使う必要があります。

レンタルサーバーのなかでも、特に人気で初心者にもおすすめなのがConoHa WING(コノハウイング)Xserver(エックスサーバー)です。

よめちゃん

レンタルサーバーってたくさんあるけど結局どれがいいの?

サンツォ

特におすすめなのがConoHa WINGとエックスサーバーの2つだよ!

比較項目ConoHa WINGエックスサーバー
サーバースペック 高性能・高機能の超優秀サーバー 性能も安定性も業界TOPクラス
表示速度 国内最速のページ表示速度 ページ表示速度は十分に速い
料金 最安493円/月 ※2022年10月時点 最安693円/月 ※2022年10月時点
管理画面 使いやすくシンプル 2つに分かれておりやや不便
特典 ドメイン2本無料、テーマ割引など ドメイン1本無料、無料お試し10日など
運営歴 2018年9月~ 2003年7月〜
ユーザーサポート 充実している 親切丁寧と評判
公式サイトConoHa WING公式サイトエックスサーバー公式サイト
詳細説明詳細説明はこちら詳細説明はこちら
ConoHa WINGとXserverの比較

両者をざっくりと比較すると、上記のような違いがあります。

正直ほぼほぼ差はないのですが(強いて差をつけるのであれば)ConoHa WINGのほうがわずかに勝っている状況です。

サンツォ

勢いがあるのはConoHa WINGだね!

よめちゃん

もっとくわしく2つを比較したい!

そこで本記事では、ConoHa WINGとXserverそれぞれの特徴やメリット・デメリットを、くわしく比較します。

レンタルサーバー選びで迷っている人はぜひ参考にしてください。

目次

SEOに強くて、お洒落で、記事制作スピードも速いテーマ!
マクサンでも使っている超おすすめテーマ「SWELL」はこちら!

サンツォ
1976年生まれ。東京都出身。合同会社田舎暮らし代表取締役。複数の業界にて20年近くWebマーケティングの仕事に携わる。2013年より副業でブログを開始。 複数のブログ・SNSを運営した経験を活かし、ブログやアフィリエ イトのノウハウを発信する当ブログを開設。またブロガーのためのオンラインサロン「マクサン」の共同オーナーを務める。フォロワー10万人を抱えるInstagram「ベランダ飯」も運営。借金地獄のどん底からブログ一本で這いあがり、月収300~400万円を稼げるように。2020年2月には累計収益が1億円を突破。著書に『マクサン式Webライティング実践スキル大全』(大和書房)などがある。本名は吉岡 智将
マクリン
いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。

副業でガジェットサイト「マクリン」の運営を開始し、2019年12月に副業を株式会社makuriに法人化。2020年4月に合同会社レイテラスを設立し、コワーキングスペース「レイテラス」を開店。撮影スタジオ「レイテラススタジオ」もスタート。ブロガー向けオンラインサロン「マクサン」の共同オーナーをつとめる。

WordPressでのサーバー選びのポイント

レンタルサーバー関連04

ブログ初心者にとって、レンタルサーバーは専門用語や技術的な話題も多く、わからないことだらけですよね。

しかし、わからないからといって適当に選んだり値段だけで選んでしまってはのちのち後悔してしまうでしょう。

そこで、まずはサーバー選びのポイントを解説します。

※本記事ではWordPressでサイト開設することを前提に解説します。

性能と機能は十分か?

サーバーには、テキストコンテンツ(ブログ記事の文字情報など)以外にも、画像や動画、デザインや修飾などのデータも保存されます。

データ容量が少ないと容量オーバーになり、ブログが更新できなくなったり表示されなくなるなるリスクがあります。

ブログ運営に最適なレンタルサーバーを選ぶなら、ディスク容量200GB以上のものがおすすめです。

よめちゃん

まずは基本の基本、「データ容量」をチェック!

サンツォ

他にも、万が一にそなえて「自動バックアップ機能」の有無、複数ブログ運営ができる「マルチドメイン」の数を確認しよう。

ConoHa WINGXserverのディスク容量は、どちらも(最低限のプランでも)300GB以上あります。

この点ではどちらを選んでも問題ありません。

安定性はあるか、障害が少ないか?

ブログ運営をしていると時々ブログがサーバーエラーで表示されない!というトラブルが発生することがあります。

いわゆるサーバー障害といわれるものです。

このようなトラブルを避けるためにも、安定稼働しているサーバーを選ぶことをおすすめします。

レンタルサーバーを選ぶ際には稼働率が99.99%以上のものを選ぶと良いでしょう。

サンツォ

公式サイトから、実際に「障害の発生頻度」をチェックするのもおすすめ!

ConoHa WINGXserverは、どちらもサーバー稼働率が99.99%を超えているので安心です。

表示速度は速いか?

Webサイトのページの表示が遅いと、ストレスを感じてブラウザをそっと閉じてしまった経験はありませんか?

よめちゃん

たった数秒でもイライラするよね……

サンツォ

表示速度が遅いとSEOにも悪影響なんだよ。

表示速度が遅いと、検索エンジンからの評価も悪化し、結果的にアクセスや収益にもダメージをあたえます。

どんなにいいブログ記事を書いても台無しですので、かならず表示速度が速いレンタルサーバーを選びましょう。

表示速度のチェックポイント
  • ディスクにSSDを使っているか
  • Webサーバーにnginxを使っているか

表示速度が速い指標として、上記の2点を満たしているか確認しましょう。

ConoHa WINGXserverは、どちらもSSD・nginxを使用しています。

ConoHa WINGは特に、国内最速の表示速度をほこる超高速サーバーです。

料金は安いか? コスパは良いか?

各レンタルサーバーには、複数の料金プランが用意されています。

料金の安さだけで選ぶと失敗するので、性能・機能と料金のバランスコストパフォーマンス)が良いものを選びましょう。

よめちゃん

月額が安くても、初期費用が高い場合もあるから注意

料金プランを比較するなら、月額料金だけでなく必ず初期費用も確認しましょう。

ConoHa WINGXserverは、どちらもコスパは抜群!

つねに何かしらのお得なキャンペーンを実施していますし、長期契約割引もあるので、料金面も優秀です。

サンツォ

どちらも最安で月500~800円くらいになるよ!

独自ドメインが無料でもらえるか?

ドメインとは、Webサイトのインターネット上の住所のこと。

独自ドメインは世界にたった1つのあなただけのドメインで、文字列を自由に指定できます。

URLの「https://」の後にくる部分で、マクサンのドメインなら「makusan.jp」の部分ですね。

独自ドメインは、無料ブログサービスなら不要ですが、WordPressでブログを運営するなら必須。

通常、ドメイン販売事業者から年間数百円〜数千円で使用権を購入することで使用できます。

しかし、レンタルサーバーのなかには、契約特典として無料で独自ドメインをもらえる場合もあるのです。

よめちゃん

コストを抑えられるからお得ね!

ConoHa WINGXserverは、どちらもドメイン無料プレゼントの特典があります。

ConoHa WINGは特に、独自ドメインが2本まで永久無料になるプランもあります。

無料のSSLはあるか?

SSLとは、ネットの通信を暗号化させる技術のこと。

SSL化しているWebサイトはURLが「http://」から「https://」に変わります。

サンツォ

SSLしないとURL部分に「保護されていない通信」って表示されちゃう。

ハッキングや情報漏洩などの危険から守るため、またSSL化していないとSEO上も悪影響があるため、たとえ個人ブログであってもSSL化は必須です。

SSLには最低限の機能をもつ無料SSLや、企業向けにセキュリティが強化された有料SSLがあります。

よめちゃん

個人ブログなら無料SSLで問題ないよ!

ConoHa WINGXserverは、どちらも無料SSLが用意されています。

広告の強制表示はあるか?

無料のレンタルサーバーを選ぶと、運営側の広告が強制表示される場合があります。

無料でサーバーが使える代わりに、サーバー会社は強制表示する広告からの広告収入を得ているからですね。

同時に商用利用が禁止されている(アフィリエイトやアドセンスができない)場合も多いですし、読者にとっても邪魔なので、広告表示のないレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

ConoHa WINGXserverは、どちらも広告表示はありません。

アダルトの可否は?

出会い系やアダルト系などの18禁コンテンツを作りたい場合は、アダルトコンテンツを許可しているサーバーを選ばないといけません。

ConoHa WINGXserverは、どちらもアダルトコンテンツを禁止しています。

もしアダルト分野に取り組むなら、mixhost などのアダルトOKなレンタルサーバーを使いましょう。

ConoHa WINGとXserver(エックスサーバー)の性能・サービスを比較

レンタルサーバー関連01

ConoHa WINGXserver性能・機能・サービス面をよりくわしく比較してみましょう。

サーバースペックで比較

ConoHa WING(コノハウィング)とXserverを、まずはサーバースペック面で比較しました。

サーバースペックで比較
サーバー名プランディスク容量転送量目安CPUメモリディスク種類Webサーバー月間稼働率
ConoHa WINGベーシック300GB無制限6コア8GBSSD/RAID10Apache+nginx99.99%以上
スタンダード400GB8コア12GB
プレミアム500GB10コア16GB
エックスサーバースタンダード300GB無制限6コア8GBSSD/RAID10nginx99.99%以上
プレミアム400GB8コア12GB
ビジネス500GB10コア16GB

ほとんど互角ですが、唯一差があるのがWebサーバーです。

エックスサーバーはnginx(エンジンエックス)のみの運用で、ConoHa WINGはApache(アパッチ)とnginxを併用しています。

安定動作が強みのApacheと、複数並行&高速処理できるnginxを組み合わせにより、

ConoHa WINGの特徴である、高速かつ安定性の高いレンタルサーバーを実現させています。

サンツォ

スペックなら(僅差で)ConoHa WINGに軍配!

よめちゃん

ほんとにわずかな差だけどね。

機能・サービスで比較

次に、ConoHa WING(コノハウィング)とXserverを、機能・サービス面で比較しました。

機能・サービスの比較
サーバー名プランマルチドメインMySQLユーザー独自SSL自動バックアップ管理画面アクセス解析メルマガ機能
ConoHa WINGベーシック無制限60個無料○ 1つ×
スタンダード80個
プレミアム100個
エックスサーバースタンダード無制限50個無料△ 2つ
プレミアム70個
ビジネス70個

機能・サービスでは、MySQLのユーザー数管理画面に差があります。

MySQLユーザー数とは、サーバー上に保存できる(1つのサーバーで同時に運用できる)サイト数のこと。

例えばConoHa WINGのベーシックプランなら、ワードプレスのブログを60個作れます。

よめちゃん

MySQLのユーザー数はConoHa WINGが優勢ね

サンツォ

まあぶっちゃけ、そんな数は必要ないけどね。

ConoHa WINGでは、サーバー管理と支払い情報などのアカウント管理について、1つの管理画面で操作可能です。

対してエックスサーバーでは、サーバー管理用とアカウント管理用で、管理画面が2つに分かれています。

サンツォ

いちいち管理画面を使い分けるのは面倒なんだよな……

よめちゃん

ConoHa WINGの管理画面はめっちゃシンプルで使いやすい!

ほかにもエックスサーバーには無料のメールマガジン機能が付いています。

もしメールマガジンを利用するなら、エックスサーバーがおすすめです。

サポート面で比較

次はサポート面(カスタマーサービス)の比較です。

サポート面で比較
サーバー名メールサポート電話サポートサーバー簡単移行サーバー移行代行
ConoHa WING○(24時間)○(平日10:00~18:00)○(有料)
エックスサーバー ○(24時間)○(平日10:00~18:00)○(有料)

サポート面でも互角で、どちらもサポート体制が充実しています。

レンタルサーバー会社によっては電話サポートがない場合もあり、サポート面から選ぶ場合はどちらも安心でしょう。

サンツォ

ちなみに、口コミではエックスサーバーのサポートほうが評判いいよ。

ConoHa WINGとXserverの料金比較

机の上のノートパソコン、ブログが表示されている

ConoHa WINGXserver料金・特典を比較してみましょう。

全プラン別の料金比較

プランによって料金は異なるため、プラン別で料金を比較します。

安い方の料金を赤色で表示しています。

利用プラン別で比較
サーバー名プラン初期費用月額料金
1ヶ月(定価)3ヶ月6ヶ月12ヶ月24ヶ月36ヶ月
ConoHa WINGベーシック0円1,320円1,210円1,100円911円861円493円
スタンダード2,640円2,530円2,365円2,145円2,035円1,925円
プレミアム5,280円5,060円4,730円4,290円4,070円3,850円
エックスサーバースタンダード0円1,320円1,320円1,210円880円783円693円
プレミアム2,640円2,640円2,420円1,760円1,567円1,386円
ビジネス5,280円5,280円4,840円3,520円3,135円2772円

※2022年10月30日現在

ただし、割引率はキャンペーンよって頻繁に変わるため、あくまで目安。

平均的にはそんなに差はないだと思ってただいてOKかなと思います。

よめちゃん

ちなみに個人ブログならベーシック/スタンダード(ピンク背景)のプランで十分だよ。

サンツォ

そう考えると、現時点で最安にする方法は、ConoHa WINGで36ヶ月契約(493円)にすることだね。

ちなみに、以前はエックスサーバーは初期費用が必要でしたが、現在(2022年10月)は無料となっています。

特典で比較

レンタルサーバーを選ぶ際には、契約時の特典も見逃せません。

特典で比較
サーバー名独自ドメイン無料お試し期間WordPressテーマの割引
ConoHa WING○(最大2つ)× なし○ あり
エックスサーバー ○(最大1つ)○ 10日間無料× なし

独自ドメインはConoHa WINGなら2つもらえるので有利です。

サンツォ

ConoHa WINGの無料ドメインは、サーバー契約中は更新料も必要ない「永久無料」だよ!

よめちゃん

複数のブログを運営するならConoHa WINGの方がお得だね

お試し無料期間はエックスサーバーなら10日間設定されています。

ただし、無料期間があっても、長期契約が基本となるレンタルサーバーでは、実質的なメリットはそんなにあるわけではありません。

また、ConoHa WINGでは、人気の有料WordPressテーマをお得に購入することができます。

WINGパックという長期割引プランを選べば、下記のテーマが割引価格となります。

ConoHa WINGのテーマ割引
テーマ名定価割引価格
JIN14,800円/買い切り14,250円/買い切り
SANGO14,800円/買い切り14,000円/買い切り
THE SONIC8,580円/年6,578円/年

ConoHa WINGのメリット・デメリット

ConoHa WING(コノハウィング)TOPページ
画像引用:超高速レンタルサーバーならConoHa WING|初期費用・最低利用期間なし

ConoHa WINGの特徴やメリット・デメリットを、くわしく紹介します。

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGのメリットは以下のとおり。

  • サイト表示速度が国内最速No.1
  • 稼働実績も安定している
  • 特典として独自ドメインが2つもらえる
  • 有料テーマが割引になる
  • 他社サーバーからの移行も簡単
  • 有名ブロガーも数多く利用
  • 今もっとも勢いのあるレンタルサーバー

サイト表示速度などの性能面を重視するならConoHa WINGがおすすめです。

性能・機能は業界トップクラス。なのに料金はとても手ごろでコストパフォーマンスは抜群です。

また管理画面がとても使いやすくシンプルなので、ブログ初心者でも操作しやすいのも魅力。

独自ドメインが2つまで永久無料、WordPressテーマのセット割引など、お得な特典も多いです。

歴史は浅いので累計契約者数はエックスサーバーに劣りますが、単月契約数はおそらくNo.1。

現在もっとも勢いのあるレンタルサーバーだといえるでしょう。

サンツォ

このマクサンもConoHa WINGだよ!

よめちゃん

表示速度が国内No.1というのが決めてだね!

ConoHa WINGでWordPressを始める方法は、こちらの記事でくわしく解説しています。

ConoHa WINGのデメリット

  • 2018年9月からサービス開始で運営歴が短い
  • サポート面でネガティブな口コミがある

ConoHa WINGは、エックスサーバーと比べて運営歴が浅いレンタルサーバーです。

だからといってなにか具体的なマイナスがあるわけではありませんが、イメージ的には運用歴が長い老舗のほうが安心感はありますよね。

サンツォ

サポートの親切さに欠けるとの口コミもあるよ。

ConoHa WINGがおすすめな人

以下のような人はConoHa WINGがおすすめです。

高速で高性能なサーバーを、安い料金で利用したい人

画像引用:超高速レンタルサーバーならConoHa WING|初期費用・最低利用期間なし

ConoHa WINGサイト表示速度が国内No.1、速いだけでなく安定稼働も自慢の、高性能・高機能なサーバーです。

それだけ性能がいいのに、利用料金はかなりお手頃

しかもほぼ常時お得な割引キャンペーンを実施しており、高いコストパフォーマンスを実現しています。

よめちゃん

コスパ最高!

独自ドメインを無料で取得したい人

画像引用:超高速レンタルサーバーならConoHa WING|初期費用・最低利用期間なし

ConoHa WINGの長期割引プラン「WINGパック」で契約すると、独自ドメインを2つ永久無料で使用できます。

もしブログを複数運営するなら、ドメイン使用料が2つ分無料になると考えるとかなりお得ですよね。

サンツォ

いずれ使うだろうから、もらっておいて損はない!

WordPressテーマをお得に使いたい人

画像引用:超高速レンタルサーバーならConoHa WING|初期費用・最低利用期間なし

ConoHa WINGは、有名なWordPressテーマと提携しているのもポイントです。

サーバー利用者は提携の有料テーマ「JIN」「SANGO」「THE SONIC」をお得な割引価格で買えます。

人気の無料テーマ「Cocoon」とも提携しています。

ConoHa WINGのテーマ割引
テーマ名定価割引価格
JIN14,800円/買い切り14,250円/買い切り
SANGO14,800円/買い切り14,000円/買い切り
THE SONIC8,580円/年6,578円/年
サンツォ

ブログ開設時に購入すれば、開設後にダウンロード済みになってるよ!

よめちゃん

そんなに割引率は高くないけどね。

ConoHa WINGを使ってWordPressを始める方法は、下記の記事でくわしく解説しています。

Xserverのメリット・デメリット

画像引用:エックスサーバー|高速・安定の高性能レンタルサーバー

本章ではXserver のメリット・デメリットを紹介します。

エックスサーバーのメリット

エックスサーバーのメリットは以下の通り。

  • 個人・法人問わず利用されており国内シェアNo.1
  • レンタルサーバーの老舗(2003年7月〜)
  • 機能・性能はトップクラス
  • 親切・丁寧なサポート体制
  • 10日間の無料お試し期間がある

エックスサーバーは20年近い運営実績がある老舗レンタルサーバー

老舗の安心感と親切丁寧なサポート体制が人気で、初心者でも安心して利用できます。

もちろん機能・性能などのスペックは国内トップクラスです。

エックスサーバーのデメリット

  • プラン変更がやや面倒
  • 管理画面が2個に分かれている

エックスサーバーのプラン変更は、変更タイミングが限定されています。

上位プランに変更する場合は月単位で、プラン変更希望月の前月1日〜20日までに申請が必要。翌月1日から上位プランに変更されます。

下位プランに変更する場合は利用期限月のみ変更できます。利用期限月の前月1日〜20日までに申請すると、翌月1日から変更プランに変更されます。

よめちゃん

下位プランに変える場合は、更新タイミングを覚えておかないとね。

また、管理画面が2つに分かれているのもデメリット。

アカウント管理用の管理画面と、サーバー管理用のサーバーパネルの2種類に分かれているため、用途に合わせて使い分ける必要があります。

サンツォ

地味に面倒くさいんだよね。管理画面もわかりにくいし。

Xserverがおすすめな人

以下のような人がエックスサーバーがおすすめです。

お試し期間で試してみたい

画像引用:エックスサーバー|高速・安定の高性能レンタルサーバー

エックスサーバーではどのプランで契約してもお試し期間(10日間)が設定されています。

サーバー選びで迷っている人は、この10日間で操作感を確かめてみましょう。

運用実績の長い老舗サーバーがいい

画像引用:エックスサーバー|高速・安定の高性能レンタルサーバー

エックスサーバーは20年近い長い運営実績があり、ブログなどの個人サイトはもちろん多くの法人サイトでも使われています。

今まで大きなトラブルが発生したこともなく、老舗の安心感を求める人にはピッタリなサーバーです。

サポートの質を重視したい

あくまでもネット上の口コミではありますが、エックスサーバーはConoHa WINGよりもサポートの評判が良いです。

ちなみに、僕はエックスサーバーとConoHa WINGの両方を並行して利用していますが、個人的には両者のサポートにそれほど大きな差を感じたことはありません。

Xserverを使ってWordPressを始める方法は、下記の記事でくわしく解説しています。

ConoHa WINGとXserverの口コミ評判

ブログ作業のジャマをする猫

本章ではConoHa WINGエックスサーバー口コミ・評判を見ていきます。

実際に両サーバーを利用している有名ブロガーも調査したので、ぜひサーバー選びの参考にしてください。

ConoHa WINGの口コミ・評判

まずはConoHa WINGの口コミを紹介します。

良い口コミでは、表示速度の速さ開設の簡単さについてが多く見られました。

エックスサーバーやロリポップ!など、他のサーバーよりも速くなったと感じている方が多いようですね。

悪い口コミでは、サポート対応についてのネガティブな口コミがありました。

2時間くらい口コミを探してみたんですが、悪い口コミはほとんど見つからなかったですね。

ConoHa WINGを使ってWordPressを始める方法は、下記の記事にくわしく解説しています。

Xserverの口コミ・評判

次はエックスサーバーの口コミを紹介します。

いい口コミでは、サポート対応の良さメールマガジン機能についてが目立ちました。

とくにサポート対応は満足している人が多いです。

悪い口コミでは管理画面についてが見られました。

とくにブログ初心者には管理画面が2つあることを難しく感じる人が多いようです。

あとは今年は障害が多かったので、安定性を疑う声も見られました。

有名ブロガーはどちらを使ってる?

最後にブログやアフィリエイトで結果を出している有名ブロガーが、どちらのサーバーを使っているか見ていきましょう。

ConoHa WINGを利用している有名ブロガー(一部例)
サーバー名ブロガー名運営サイト
ConoHa WINGヒトデhitodeblog
TsuzukiTsuzuki Blog
マクリンマクリン
サンツォマクサン(旧ブログ部)
ヨスヨッセンス
(リベ大)リベ大 ブログ教室

ConoHa WINGは上記の有名ブロガーが使っています。

公式サイトの導入事例インタビューでくわしく魅力が語られているので、参考にしてみてください。

サンツォ

僕はConoHa WINGとエックスサーバー、両方を使っているよ!

エックスサーバーを利用している有名ブロガー(一部例)
サーバー名ブロガー名運営サイト
エックスサーバーイケダハヤトイケハヤ大学【ブログ版】
クロネクロネのブログ講座
きぐち副業クエスト100
サルワカサルワカ
ひつじひつじアフィリエイト

エックスサーバーは上記の有名ブロガーが使っています。

よめちゃん

最近はConoHa WINGを使う人が増えてきた印象があるね!

ConoHa WINGとXserverの徹底比較まとめ

レンタルサーバー関連05

本記事では、ConoHa WINGXserverを徹底比較してみました。

前提として、レンタルサーバー選びには下記のポイントを意識する必要があります。

ConoHa WINGは以下のような人におすすめです。

エックスサーバー は以下のような人におすすめです。

サーバー選びで迷ったら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次